【難読地名】 北海道民もホントに読める? 難読地名ランキング檜山編 完全版

にほんブログ村 グルメブログ 札幌食べ歩きへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

北海道民もホントに読める? 難読地名檜山編ランキング完全版アイキャッチ画像 北海道の移住情報
この記事は約5分で読めます。
のろクン
のろクン

こんにちは!のろブログ管理人、【のろクン】TwitterInstagram)です!

今回はこれが全て読めたら完全に北海道通認定と言える、檜山振興局の難読地名ランキングと地名一覧についてお伝えしていきます!

※市町村・地域名等は変更する場合があり、地名の由来については諸説ありますので、正確な情報は各自治体サイト・参考文献等でご確認下さい。

北海道は初見ではまず読むことの出来ない【難読地名】が沢山あります。

多くの地名はアイヌの人々が使っていた地名に、後から漢字を当てはめたものや、北海道開拓の為に集団で入植した人々が元々住んでいた地名をつけたケースが多く、【難読地名】が多い理由は主にアイヌ語由来が多いことにあるようです。

僕自身も、初めて訪れた地域の地名が読めなかった経験も多々ありますし、実際今回の記事を作成するにあたり大変勉強になりました。

今回は、僕自身が北海道民ということを一旦忘れて「客観的に見て移住者や道外の方が、漢字のみを見てすんなり地名を読むことが出来るか」を基準に作成しましたので、北海道民の方には当たり前に読める地名も含まれていますが、「北海道民の方は自分が果たしてどの程度読むことができるか」を再確認したり、クイズなどに利用していただければ嬉しいです。

のろクン
のろクン

実際に知りたい・読めない地名がある場合は「ショートカットキー」の「ページ内文字検索」が便利です!

PCの場合は「Windows」は「Ctrl」+「F」「Mac」の場合は「⌘command」+「F」で文字を入力すると対象ワードに飛ぶので便利です!

(※スマホの場合は使っているブラウザによって異なるので「スマホ ページ内検索」などで調べると出てきます!)

のろチャン
のろチャン

このページ以外でも使えるので便利だよ!

「檜山振興局」ってなんだ?という方は北海道の天気予報の見方やエリア分けについても紹介しているので是非コチラの記事↓もご覧ください。

檜山振興局の難読地名ランキング

のろクン
のろクン

ここで【難読地名地名クイズ】

僕が「これは流石に初見では読めないだろ…」と思う檜山振興局の【難読地名ランキングベスト5から出題です!

ヒントとして、地名の由来を紹介しますのでみなさんも是非考えてみて下さい!

のろチャン
のろチャン

いくつわかるかな??(ほぼ答えになっちゃってるのもあるケド…笑)

1. 美利河

瀬棚郡今金町に位置する地名。
地名の由来はアイヌ語の「ピリカ(美しいの意)」から。

2.小黒部

檜山郡江差町に位置する地名。
地名の由来はアイヌ語の「オクロッペ(座って飲む所の意)」から。

3.茂尻

檜山郡江差町に位置する地名。
地名の由来はアイヌ語の「モシリ(住む所の意)」から。

4.小砂子

檜山郡上ノ国町に位置する地名。
地名の由来はアイヌ語の「チシエムコ(高岩の水上の意)」から。

5.寒昇

瀬棚郡今金町に位置する地名。
地名の由来はアイヌ語の「カンヌプリ(神の山の意)」から。

檜山振興局の市町村一覧

檜山振興局画像
檜山振興局画像

「檜山振興局」の所在地は「江差町」で、計7の町で構成されています。(※下の画像クリックで各町にジャンプします)

檜山振興局の難読地名一覧

江差(えさし)町の難読地名※地域名を含む

地域名 読み方 地域名 読み方
鯎川 うぐいかわ 姥神 うばがみ
大澗 おおま 小黒部 おぐろっぺ
鴎島 かもめじま とまり
萩の岱 はぎのたい 桧岱 ひのきたい
伏木戸 ふしきど 茂尻 もしり

上ノ国(かみのくに)町の難読地名※地域名を含む

地域名 読み方 地域名 読み方
内郷 うちごう 大留 おおどめ
上ノ国 かみのくに 木ノ子 きのこ
小砂子 ちいさご 湯ノ岱 ゆのたい

厚沢部(あっさぶ)町の難読地名※地域名を含む

地域名 読み方 地域名 読み方
相生 あいおい うずら
木間内 きまない 社の山 しゃのやま
美和 みわ    

乙部(おとべ)町の難読地名※地域名を含む

地域名 読み方 地域名 読み方
旭岱 あさひたい 館浦 たてうら

奥尻(おくしり)町の難読地名※地域名を含む

地域名 読み方 地域名 読み方
青苗 あおなえ 球浦 たまうら
神威脇 かむいわき

今金(いまかね)町の難読地名※地域名を含む

地域名 読み方 地域名 読み方
寒昇 かんのぼり 美利河 ぴりか
八束 やつか    

せたな町の難読地名※地域名を含む

地域名 読み方 地域名 読み方
貝取澗 かいとりま 兜野 かぶとの
久遠 くどお 瀬棚 せたな
太櫓 ふとろ    

北海道民もホントに読める? 難読地名ランキング檜山編 完全版まとめ

北海道には北海道外の方や、北海道に長く住んでいる方でもなかなか読むことの出来ない【難読地名】が数多くあります。

多くはアイヌ語に漢字を当てはめた事が理由ですが、正確な由来がわかっていない場合もあります。

個人的な「檜山振興局」の【難読地名】の感想としては、「上ノ国町」の可愛さです。

アイヌ語に漢字を当てはめているので意図したものでは無いと思いますが、「木ノ子(きのこ)」や「小砂子(ちいさご)」など響きが何とも可愛らしいです。

【檜山】というだけあり、「山」由来の地名も多く、寒昇(かんのぼり)は「神の山」を意味し、その他にも「岱」のつく地名が多いのも目立ちました。(岱=中国の「泰山」の古い呼び方)

檜山振興局の「江差」と宗谷総合振興局の「枝幸」は同じ「えさし」と読み、どちらも由来はアイヌ語の「エ・サ・ウシ(岬の意)」から来ていますが、混同されやすい為「枝幸」は「北見枝幸」と呼ばれています。

これは「枝幸」が旧国名では北見国に属していたからだそうです。

北海道民の方も実際に住んでいる地域や住んだことのある地域の近隣の地名はなかなか難しい地域名も多いのでは無いでしょうか?

これを機会に知り合いの北海道民の方にクイズを出してみて下さい!

コメント