【ラーメン】赤れんがラーメン 南4条店 | 昔ながらのTHE王道札幌の味

にほんブログ村 グルメブログ 札幌食べ歩きへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

赤れんがラーメン 南4条店 アイキャッチ画像画像 北海道石狩地方札幌市中央区のグルメ情報
この記事は約4分で読めます。
赤れんがラーメン 南4条店  外観画像
赤れんがラーメン 南4条店 外観画像
のろクン
のろクン

こんにちは!のろブログ管理人、【のろクン】TwitterInstagram)です!

今回は新らーめん横丁で昔ながらの札幌ラーメンが味わえる【赤れんがラーメン 南4条店】についてお伝えしていきます!

※店舗の営業時間や料金など記事内の情報は変更する場合がありますので詳しくは公式サイト・公式SNS等でご確認下さい。

赤れんがラーメン 南4条店について

さっぽろ新らーめん横丁外観画像
さっぽろ新らーめん横丁外観画像

すすきのにあるらーめん横丁は札幌市中央区南5条西3丁目N・グランデビル(旧第4グリーンビル)の「元祖らーめん横丁」と中央区南4条西3丁目第3グリーンビルの「さっぽろ名所新らーめん横丁」の2つがあります。

国道36号線(月寒通)沿いにあるのが「さっぽろ名所新らーめん横丁」です。

さっぽろ新らーめん横丁入口画像
さっぽろ新らーめん横丁入口画像

「札幌市営地下鉄南北線 すすきの駅」より徒歩約1分程の「国道36号線(月寒通)」沿いにあります。

今回はその「さっぽろ名所新らーめん横丁」の中央にある創業20年以上の名店【赤れんがラーメン 南4条店】についてご紹介します。

【赤れんがラーメン 南4条店】は同じく中央区に「赤れんがラーメン 南12条店」として営業していましたが、2022年4月1日にあんかけ焼きそばに特化した「あんかけ焼きそば 赤れんが 南12条店」としてリニューアルオープンしています。

赤れんがラーメン 南4条店の場所・アクセス・営業時間など

赤れんがラーメン 南4条店  店内画像
赤れんがラーメン 南4条店 店内画像

住所

〒064-0804 北海道札幌市中央区南4条西3丁目1-1 第3グリーンビル1F さっぽろ名所新らーめん横丁内

駐車場

営業時間

[月~木・日] 11:00~翌4:00
[金・土] 24時間営業
[定休日] 年中無休

電話番号

011-512-2545

席数

18席(カウンター席のみ)

テイクアウト

HP・SNS

赤れんがラーメン 南4条店のメニュー

赤れんがラーメン 南4条店  メニュー画像
赤れんがラーメン 南4条店 メニュー画像

ラーメンメニュー

メニュー 価格
みそラーメン・しおらーめん・しょうゆラーメン 各800円
赤れんがラーメン(みそ・しお・しょうゆ) 各1200円
バターコーン(みそ・しお・しょうゆ) 各1000円
ねぎラーメン(みそ・しお・しょうゆ) 各1000円
チャーシューラーメン(みそ・しお・しょうゆ) 各1000円
バターラーメン(みそ・しお・しょうゆ) 各900円
コーンラーメン(みそ・しお・しょうゆ) 各900円
ねぎチャーシューラーメン(みそ・しお・しょうゆ) 各1200円
帆立バターラーメン(しお) 1500円

◎大盛り+100円

サイドメニュー

メニュー 価格
ライス 並200円 小100円
ギョウザ(7ケ入) 600円

ドリンクメニュー

メニュー 価格
ビール 600円
青島ビール 500円
冷酒 700円
ジュース(オレンジジュース・コーラ) 各300円

赤れんがラーメン 南4条店のおすすめ

赤れんがラーメン 南4条店  みそラーメン画像01
赤れんがラーメン 南4条店 みそラーメン画像01

これぞ「THE札幌ラーメン」といった見た目で、具材も札幌の昔ながらの味噌ラーメンでは王道のチャーシュー・ネギ・もやし・玉ねぎ・メンマ・卵に茎ワカメです。

赤れんがラーメン 南4条店  みそラーメン画像02
赤れんがラーメン 南4条店 みそラーメン画像02

豚骨と鶏ガラと香味野菜を10時間以上煮込んだあっさりながらニンニクの効いたコクのあるスープです。

赤れんがラーメン 南4条店  みそラーメン画像03
赤れんがラーメン 南4条店 みそラーメン画像03

麺は森住製麺の特注中太縮れ麺です。

赤れんがラーメン 南4条店 昔ながらのTHE王道札幌の味まとめ

【赤れんがラーメン 南4条店】は「札幌市営地下鉄南北線 すすきの駅」より徒歩約1分程の「国道36号線(月寒通)」沿いの「さっぽろ名所新らーめん横丁」内にあるラーメン屋です。

ビジュアルからスープ・麺に至るまで「これぞTHE札幌ラーメン」といったラーメンで、観光客の方が札幌観光をするにあたりまず最初の一杯目として味わっていただき、その他の札幌のラーメンとの味の違いを感じる上での基準となるラーメンです。

コメント